予防接種について

予防接種イメージ

当クリニックでは、成人向けの予防接種、小児予防接種として各種ワクチン接種を行っています。予約制となりますので、事前にお問い合わせください。
ワクチンとは、感染症の原因とされるウイルスなどの病原体の病原性を弱める、もしくは無毒化してつくられた薬剤のことです。これを体内に注入することで、その病原体が原因となる感染症への免疫をつけることができます。これにより感染の予防、もしくは万が一感染した場合にも重症化のリスクを低下させることができます。
他にも、予防接種は個人の感染予防になることはもちろん、多くの方が予防接種を受けることで免疫を獲得していると、集団の中に感染者が出た場合にも、流行を阻止することができます。

成人の予防接種

  • インフルエンザワクチン
  • 成人用肺炎球菌ワクチン
  • 帯状疱疹ワクチン
  • 髄膜炎菌ワクチン

小児予防接種

赤ちゃんは、産まれた時にはお母さんから多くの免疫をもらっていますが、これは成長とともに減少していきます。これを補い、さまざまなの感染症を予防するのが小児予防接種の役割です。小児の予防接種は大変種類が多いため、接種のスケジュールについてもご相談の上、計画的に実施いたします。

当院で行う小児予防接種

  • BCG
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 二種混合
  • インフルエンザB型
  • 肺炎球菌
  • B型肝炎
  • ロタウイルス
  • 麻疹、風疹
  • 風疹
  • 水痘
  • おたふくかぜ(ムンプス)
  • 破傷風トキソイド

当院で行う自費ワクチン

予防接種 費用
B型肝炎ワクチン 5,500円(税込)
日本脳炎ワクチン 7,000円(税込)
水痘
(みずぼうそう)
7,000円(税込)
ムンプス
(おたふくかぜ)
6,000円(税込)
高齢者肺炎球菌ワクチン 8,000円(税込)
麻疹・風疹ワクチン(MR) 10,000円(税込)
シングリックス(帯状疱疹) 22,000円(税込)
シルガード9(HPVワクチン) 30,000円(税込)

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンの種類と効果

子宮頸がんワクチンには①サーバリックス(2価)②ガーダシル(4価)③シルガード9(9価)の3つがあります。いずれも公費(無料)で接種が可能です。公費で接種可能な対象は下記の2通りの場合です。

A.小学6年生~高校1年生
B.平成9年度から平成17年度生まれの女性(令和7年3月まで)

男性が接種することで性感染症としてHPVの伝搬を抑える効果があることも知られており、男性も接種可能です。男性の場合、公費の対象とならないため自費となります。子宮頸がんの原因は99%がヒトパピローマウイルス(HPV:Human papiloma virus)由来とされています。HPVはイボの原因ともなる身近なウイルスで、200種類以上が知られています。そのうち、子宮頸がんの70%に関与するとされている16番や18番を中心にワクチンが製造されています。当院では高い効果が期待できることから、シルガード9を推奨しています。

①サーバリックス(2価)
16番、18番の2種類に対して免疫を獲得することを目的としたワクチンです。子宮頸がんの予防効果はワクチンを接種しなかった場合のリスクを1とすると、0.3-0.4程度までのリスク減少効果があります。
②ガーダシル(4価)
16、18番に加えて、尖圭コンジローマ(性器などに小さなイボが密集する皮膚病)の原因となる6, 11番を加えた4種類のHPVに対して免疫を獲得することを目的としたワクチンです。子宮頸がんの予防効果はワクチンを接種しなかった場合のリスクを1とすると、0.3-0.4程度までのリスク減少効果があります。
③シルガード9(9価)
ガーダシルの6,11,16,18番に加えて、子宮頸がんの原因となりうる31,33,45,52,58番を含めた合計9種類のHPVをカバーしたワクチンです。子宮頸がんの予防効果はワクチンを接種しなかった場合のリスクを1とすると0.1程度までのリスク減少効果があります。

ワクチンのみでは子宮頸がんを100%予防することは困難ですので、20歳から定期的な子宮がん検診をお勧めします。ワクチンと健診を組み合わせることで子宮頸がんとなる手前の状態(異形成)でほぼ確実に診断が可能となり、早期治療が開始できます。

子宮頸がんワクチン(HPV)の安全性について

ワクチンによる合併症のニュースをご覧になった方からすればご不安はごもっともだと思います。ワクチン接種後に原因不明の症状が出現した女性が複数名いることは事実ですが、これはコロナワクチンの接種開始後の状況と同様であったと考えられます。
国内においても毎日多くの人がなんらかの疾患を発症したり、不幸にも突然死されたりしていますが、とくに事件性がないケースではニュースにもならないのが平時です。それが「ワクチン接種後に」という条件がつくだけであれほどまでにセンセーショナルに報道されたのです。ワクチンを接種しなくてもそのような症状が出現したかもしれないのに「ワクチン接種後だからワクチンが原因であるかのように見えてしまう」のです。
ワクチンの認可・接種開始とともに数万~数十万という人が一斉にワクチン接種を行えば、その中の数人は、本来ワクチンとは関係ない体調不良が出現することは想像に難くありません。しかし、ワクチンとの因果関係を調べるために数多くの調査がなされ、HPVワクチン接種後の重大な後遺症が他のワクチンの後遺症の種類や程度と差がないこと、ワクチン接種後の方が痙攣などの症状を発症する確率は、ワクチン未接種の方が発症する確率と差がないことがわかっています。このような調査報告や世界的に日本のみが子宮頸がん予防から取り残されている実態を踏まえて、国はワクチンの個別接種再開の姿勢をとるに至りました。
HPVワクチンには腕の腫れや痛みといった副作用が認められています。ワクチン全体としては非常に稀で重大な副作用もあるため、合併症のみに焦点をあてれば絶対安全とは言えないかもしれません。しかし、我々が本来予防しなければならないのはHPV感染によって子宮頚がんとなり、若くして命を落とすことや治療のために子宮を失ってしまう方を1人でも多く救うことです。ワクチンと健診で子宮頸がんをかなり高い確率で予防することができます。国内において子宮頚がんと診断される方が毎年1万人、子宮頸がんで命を落とす方が毎年3千人と報告されています。他のガンと比較すると数はそれほど多くはありませんが、これには20代や30代といった出産可能な年齢の女性が多く含まれるという点が特徴的です。愛するお子さんや、まだ見ぬお孫さんを守るためにどのような方法が皆さんにとってベストといえるでしょうか。ご家庭でも話し合ってみてください。